沿革

 
元号 --- 沿 革 史 ---
大 正 13年 3月
東京府知事より桜蔭女学校設立許可 本校は、東京女子高等師範学校(現、お茶の水女子大学)同窓会社団法人桜蔭会の創立による。
桜蔭会は、大正12年の関東大震災後の女子教育機関の不足を整備し、あわせて社会報恩の理念のもと に本学園を設立した。
後閑キクノ氏初代校長に就任

4月
第1学年100名(学級数2)にて授業開始 (開校時の情景)
  15年 4月 5年制高等女学校設置認可・創立記念日
昭 和 3年 4月
生徒数500名(学級数10)となる (昭和初期の授業風景)
  5年 3月 財団法人桜蔭高等女学校設立
    12月 生徒定数750名(学級数15)認可
  6年 3月 校歌制定。作詞東京女子高等師範学校長吉岡郷甫氏
作曲東京音楽学校教授信時潔氏
    6月 校長後閑キクノ氏逝去
    9月
宮川ヒサ氏第二代校長に就任
  9年 12月 創立10周年記念式典挙行
  15年 4月 生徒定員1000名(学級数20)に増加

20年 4月 太平洋戦争の空襲により全校舎の4分の3を焼失
  22年 3月 桜蔭高等女学校専攻科(国・英)設置認可
    4月 学制改革により桜蔭中学校(450名9学級)設置認可
  23年 3月 桜蔭高等学校普通科600名設置認可
校長宮川ヒサ氏退職
    4月
水谷年恵氏第三代校長に就任
  24年 4月 創立25周年記念式典挙行

25年 3月 桜蔭高等学校専攻科廃止
  26年 1月 学校法人桜蔭学園設立。理事長・水谷年恵氏

29年 11月 創立30周年記念式典挙行
  34年 7月
群馬県北軽井沢に浅間山荘落成
保谷市にひばりが丘運動場完成

  (完成したひばりが丘運動場)     (完成した浅間山荘)

35年 4月 中学校生徒定員600名に増員
  37年 4月 4号館新築落成

39年 11月 創立40周年記念式典挙行
  45年 11月 5号館新築落成(体育館・温水プール等)

46年 4月 中学校生徒定員750名に増員
  47年 3月 理事長・校長 水谷年恵氏退職
    4月
木村都氏第四代理事長・校長に就任
  48年 6月 浅間山荘管理棟増築
    7月 ひばりが丘運動場更衣棟新築
  49年 4月 高等学校生徒定員750名に増加
    11月 創立50周年記念式典挙行
  54年 4月
3号館改築(第二体育館・普通教室等) (体育館での卒業式)
  58年 7月 ひばりが丘運動場隣接地購入
  59年 3月 理事長・校長 木村都氏退職
    4月
赤星秀子氏第五代理事長・校長に就任
    11月
創立60周年記念式典挙行 (創立60周年記念式典)
  63年 1月 桜蔭学園隣接地に新講堂新築落成
平 成 2年 3月 理事長・校長赤星秀子氏退職
    4月
青柳萬里子氏第六代理事長・校長に就任
  5年 5月 浅間山荘新棟落成

6年 11月 創立70周年記念式典挙行
  7年 5月 5号館改築並びに特別教室棟竣工

9年 3月 ひばりが丘運動場管理棟新築
理事長・校長 青柳萬里子氏退職
    4月
膳惠子氏第七代理事長・校長に就任

11年 9月 コンピュータ教室完成
    11月 創立75周年記念式典挙行

14年 3月 新校舎建設のため文京区立旧元町小学校を借用
  15年 11月 新校舎西館竣工 5号館を東館と改称
  12月 旧元町小学校より学園に戻る
16年 3月 東館の隣接地に別館新築
  11月 創立80周年記念式典挙行
20年 4月 西館に新コンピュータ室完成

21年 3月 理事長・校長 膳惠子氏退職
    4月
佐々木和枝氏第八代理事長・校長に就任
    11月 創立85周年記念式典挙行

25年 6月 浅間山荘新食堂棟落成
ページの先頭へ